エピレ(epiler)

自分で除毛するのはデメリットがいっぱい


★自己処理の脱毛は危険がいっぱい

普段の脱毛、自己処理は実は危険がいっぱいです。ご参考までに、以下ご覧ください。

 

・カミソリ

一番多い自己処理方法ですね。手軽に広範囲を脱毛で来て、しかも短時間で済むというメリットがります。

しかし、カミソリを使うと、表面に出ている毛を剃るだけなので2~3日でまた生えてきてしまうのが残念。

また、皮膚の表面もわずかずつですが、いっしょに、削り取っているので、毎日おこなうのは肌によくないです。

特に肌の弱い人はカミソリ負けを起こしやすいので、注意が必要ですね。

逆剃りすると、毛穴も傷つけます。最近が入って化膿することもあるので注意です。

 

・毛抜き

カミソリの次に人気なのが、この毛抜きです。

仕上がりもカミソリよりスッキリ見えるのが特長です。

上手く脱毛ができると1か月程度は生えてきません。

ただ、1本ずつ処理するために、痛くて時間がかかってしまうのが、難点ですね。

ただし、毛抜きで抜く途中で、毛が切れてしまうと、次の毛が表に出てくる前に、皮膚が再生していしまい、埋没毛を作ってしまうかもしれないです。

お風呂での毛抜きは厳禁です。細菌が入りやすく危険です。

 

・脱毛クリーム

脱毛クリームは表面にクリームをのばして、放置すると、しばらくして毛を溶かすというもの。

表面に出ている毛を溶かすだけなので、毛根は残ります。

カミソリで剃ったときのような太い断面もありません。チクチク感もありません。

脱毛クリームは、体毛がアルカリに弱いという性質を使い、毛を溶かして、脱毛する仕組みです。

クリームの化学作用で、毛のタンパク質と一緒に皮膚の保護膜も溶かしてしまうので、人によってはかぶれたり、アレルギーを起こす場合もあります。

 

・脱毛ワックス・テープ

ワックスの場合は、温めたワックス剤を皮膚に塗って、冷えたタイミングで一気にはがします。

テープは皮膚に貼り付けて、一気にはがすという、どちらも毛を粘着させて引きはがす仕組みです。

一気に広範囲が対応できますが、痛みが強く、また、毛穴が広がります。

毛穴が広がるので細菌が入りやすいです。

 

・家庭用の脱毛器

一見、エステや脱毛サロンのような機械をつかるのがメリットに感じるかも知れませんが、

光の強さを調整できなかったり、目に光がもしも入ってしまうと、最悪の事態が想定されます。

 


エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報