エピレ(epiler)

毛周期と、カラダの場所ごとの毛周期の違い


★毛周期と、カラダの場所ごとの毛周期の違い

体毛は、毛が生えて、成長しては抜けて落ちて、再度、毛が生えてくるといったサイクルを繰り返しているのです。

このサイクルの事を毛周期といいます。

毛が生えてのびているような状態を「成長期」といいます。

そして、成長を終えた毛が抜けて落ちていく時期の事を「退行期」といいます。

さらに、毛が抜けて次にせいちょうを始めるまでの期間を「休止期」と呼んでいます。

休止期にはエピレでは、脱毛のお手入れができません。

ですので、毛周期に合わせた脱毛のプランを考えていく必要があります。

 

★身体の部位(部分)ごとの毛周期の違い

髪の毛や腕や足や背中、それに脇の下など、体に生えている毛は場所によって、長さが違っています。

そもそも美容院みたいに切りそろえたわけでもありません。

なぜかというと、これは、からだのパーツによって毛の成長の周期(サイクル)が異なっているということです。

 

髪の毛は2年~6年程度成長すると、抜け落ちて3~4年程度、休止します。

腕とか脚の毛は4か月~5か月程度成長すると、抜け落ちて4か月~5か月は休止します。

脇の下は、3か月~5か月程度成長して抜け落ちて3か月~5か月休止します。

 

それぞれの成長期の長さが異なるので、それぞれの毛の長さは異なるのです。

要は毛周期が短ければ短いほど、脱毛は短期間でできるということです。

 

 


エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報