エピレ(epiler)

脱毛直後の注意事項のご紹介


エピレの脱毛はTBCで培った経験をもとにした脱毛マシンを使っており、日本人のお肌に合った施術ができます。そのため、脱毛の施術が非常に安全性の高いことでも人気のサロンです。
ですが、その安全な脱毛というのはサロンと施術を受けた方の両者が協力してはじめて成り立つものなのです。サロンの頑張りだけでは安全性の確保は非常に難しいものであるといえるでしょう。
では、どのような点に気を付けなければならないのでしょうか?
脱毛時の注意事項についてまとめてみます。

1.脱毛直後の運動には注意
脱毛直後に運動するのは大変危険なことなのです。脱毛直後の運動にはどのようなリスクがあるのかというと言う点についてもまとめてみます。
運動をすると2つの点でトラブルにつながるリスクとなってしまいます。まず一つは汗をかいてしまうということです。汗をかくというのは脱毛の施術直後には絶対に避けなければならないことです。
というのも、脱毛直後の毛穴の中は非常にデリケートになってしまいます。そこに細菌が入らないようにしなければならないのですが、汗をかくと汗自体がお肌の表面の細菌を集めてしまうということ、汗をかく際に毛穴も大きく開いてしまいます。
この二つの点でトラブルのリスクに直結してしまうのです。
冬であれば汗をかく機会というのは少ないかもしれませんが、非常に大きな問題になります。冬だからといって安心してはいけません。運動をすれば汗をかくこともあると思います。十分注意するようにしましょう。

2.脱毛後のお風呂にも注意
脱毛直後の入浴についても十分な注意が必要です。特に入浴というのは普段から毎日行っていることですので、必ず無料カウンセリングでも話が出るところですが、ついうっかり注意事項を忘れてしまうなんてこともあるかもしれません。
脱毛した日というのは湯船に入るような入力は禁止なのです。これは先ほどの運動に関する内容にもかぶってきてしまうことですが、まず、脱毛直後のお肌や毛穴は非常にデリケートになっているということを忘れないことが最も大事なことです。
そこで入浴してしまえば湯船の中の水にいる細菌がお肌に付着してしまうリスクや、湯船に入ることで汗をかきやすくなってしまうなどのリスクもあります。
では、脱毛した当日にはお風呂は入れないのかというとそうではありません。あくまでも湯船に入るのがNGであるというだけです。つまり、シャワーだけであれば問題なく入浴することができます。ただし、シャワーだけであってもお肌がデリケートになっていることに代わりありません。
この点には注意をしておかなければなりません。体を洗う際に体をゴシゴシと強くこするような洗い方は絶対にやめましょう。

3.どのような症状が起きてしまうのか
脱毛後に起こってしまうトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?この点についても知っておいた方がよいでしょう。
そこで脱毛後によく起きてしまうトラブルをご紹介します。

■やけど
ヤケドのトラブルといえば、脱毛の施術の中で最も良く起きてしまうトラブルであるといえるでしょう。
そのやけどのトラブルがなぜ起きてしまうのかという点もご説明します。
脱毛の施術というのは脱毛風景からすると一見、光で脱毛をするように見えますが、実はその光には脱毛効果はありません。脱毛の施術は光を吸収させて毛穴の中で高熱を発生させる施術なのです。
つまり熱で毛を熱処理するものなのです。そのため、実はどうしても毛穴のなかは軽いやけどが起きてしまっているのです。
そのやけどをひどくしてしまうこともないとは言えません。それが先ほど説明したような運動や入浴でひどくして舞うことがあるのです。
ですが、注意事項を守りつつ、保湿ケアをしっかり行えば十分避けられるトラブルなのです。

■毛嚢炎
毛嚢炎というのは何かというと、毛根付近で細菌感染が起きてしまい、毛嚢といわれる部分が化膿してしまう症状のことです。
これらはまさに先ほどご説明した通り、脱毛直後のデリケートになった毛穴の中に細菌が入ってしまい、化膿してしまう症状です。
汗をかいたり、湯船に入ったりしてしまうとこの毛嚢炎になりやすい状態になってしまうのです。


エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報