エピレ(epiler)

施術を断られるケースとは?


脱毛サロンのエピレではお肌にやさしい脱毛が人気の秘密になっているのですが、そのお肌にやさしい施術でも脱毛が出来ないことがあるのをご存知でしょうか?
それはエピレだから出来ないというわけではなく、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛など光を使った脱毛方式全般に言えることなのです。どうしても安全性の面から考えて脱毛が出来ないケースというのは存在していまいます。
そのケースは意外に多くありますが、その中からいくつかピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

1.アレルギーがある方は注意する
アレルギーがあるとお肌にその症状が出てしまうこともあると思います。確かにその状況では脱毛が出来ません。ですが、その症状が出ていなければ基本的には脱毛が可能です。
ただし、アレルギーの中でも光アレルギーのある方は脱毛の施術が受けられません。医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛といった方法は光を照射しなければ脱毛をすることができません。
そのため、脱毛機の光でアレルギー症状が出てしまう可能性があり、脱毛をすることが出来ないのです。
脱毛機の光自体は紫外線のような波長の短い光ではありませんので、お肌に悪影響を及ぼすことはないのですが、アレルギーはさすがに避けようがないようです。

2.アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎の方もアレルギーの一種ではありますが、アトピー性皮膚炎の方も状態がひどい場合には脱毛ができないことがあります。アトピー性皮膚炎の方は一度カウンセリングを受けてください。
その際にスタッフの方が判断をしてくれるはずです。

3.糖尿病
糖尿病の方も実は脱毛の施術を受けることができません。糖尿病というのは膵臓(すい臓)の病気です。つまり大きなくくりでいえば内臓疾患ということになります。
内臓疾患がお肌に何か影響するのかというとお肌自体に影響はありません。では、なぜ脱毛の施術が出来ないのかというと、それは傷の治りが悪くなってしまう病気であるためです。
脱毛の施術と言うのはお肌に大きなダメージを与えてしまうものであるというのはご存知かもしれません。そのダメージはどこから来るのかというと、それは脱毛時に発生する熱なのです。
脱毛の施術というのは実は熱で脱毛をしているのです。つまり、脱毛をすると気には毛穴の中に高熱が発生してしまうのです。
そのため、脱毛時にはどうしても軽いやけどを負ってしまうのです。そのやけどは非常に軽いものではあるのですが、糖尿病の方はこの軽いやけども治りづらく、そのままにしておくとひどくなってしまうこともあるのです。
傷が治りづらいというのはこういったところにも影響が出てしまうのです。

4.てんかん
てんかんを持たれている方も脱毛が出来ません。てんかんというのは脳の病気で発作が起きてしまうとひきつけや痙攣、身体の硬直など発作が起きてしまうことがあるのです。
このてんかんというのはちょっとした刺激で発作が起きてしまうことがあるのです。ニオイや味などが引き金になって発作が起きてしまうことがある危険なものです。
脱毛の施術というのはどうしても光を照射するタイミングで体に衝撃が走ってしまいます。この衝撃でもてんかんの発作が起きてしまう可能性もあります。
そのため、てんかんの方が脱毛の施術を受けるのが難しいのです。

5.妊娠中
妊娠をされている方も脱毛をすることができません。また、既に脱毛をはじめてしまっている途中で妊娠されたときも脱毛の施術を休止しなければならないのです。
なぜ妊娠をされているときは脱毛が出来ないのかというと、それはホルモンバランスの問題なのです。妊娠中はホルモンバランスが崩れてしまうため、体毛にも影響をしてしまうのです。
しかも、通常のお肌の状態ではないため、脱毛の施術をしてしまうと脱毛効果が出ないだけでなく、脱毛後に硬毛化などのトラブルも起きてしまうことがあります。
そのため、妊娠中の方は脱毛をすることが出来ないのです。


エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報