エピレ(epiler)

Vラインに黒ずみがあると脱毛出来ない?


脱毛サロンのエピレの脱毛はエステティックサロンのTBCがプロデュースするサロンだということをご存知でしたでしょうか?
そのため、エピレで使用している脱毛機はオリジナルのものなのですが、その安全性と効果を得るためにTBCのノウハウを詰め込んでいるのです。
そのため、非常に多くの日本人のお肌データが考慮されて出来上がった日本人のための脱毛機といえる非常に安全性の高いものなのです。
その安全性の高い脱毛マシンでも脱毛が出来ない場合があるのをご存知でしたでしょうか?
どのようなときに脱毛が出来ないのかをまとめてみたいと思います。

1.日焼けしたお肌には脱毛ができません
脱毛の施術というのは日焼けしたお肌に行うことができません。これは無料カウンセリングでも必ずと言っていいほど注意を促されるところです。
この注意事項を軽く見てはいけません。ちょっとした脅しだろうくらいのレベルのものではなく、本当に脱毛を中止しなければならない状態になってしまうのです。
それでも「日焼け程度」と思ってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。そこでなぜ日焼けをすると脱毛が出来ない理由を説明します。
これを理解するためにはまずフラッシュ脱毛の仕組みを知っておく必要があります。
まず大前提としてフラッシュ脱毛という名前に騙されている方が多いのですが、実はフラッシュ脱毛は光が脱毛をするわけではありません。光を当てる脱毛の施術という意味でこの名前になっているものと思います。
実際に脱毛効果を上げるのは熱なのです。脱毛機から照射された強い光を色の黒い部分や色の濃い部分で吸収してその部分に高熱を発生させる施術なのです。通常のお肌であれば色が濃い部分というと毛くらいしかありません。
そのため、毛の周りに集中して熱を発生させることができるのです。なぜ光を当てると熱が発生するのかというと、それは光というのは波です。その波が吸収されたところで細胞を振動させて、振動のエネルギーが熱に変換されるのです。
この際に発生する熱というのは非常に高温です。というのも毛を熱処理できるレベルの熱であることからもわかってもらえるかと思います。
もしこの熱がお肌の表面に発生してしまったらどうでしょう?当然やけどを負ってしまいますよね?
先ほど説明したように脱毛機の光は色が黒いところ、色が濃いところに吸収されます。これは「毛」だけではありません。日焼けした褐色のお肌でも吸収されてしまうのです。
そのため、日焼けしたお肌に脱毛をすることが出来ないのです。

2.ホクロも脱毛出来ない部分です
脱毛パーツの範囲にホクロがあった場合にはホクロの上は光を当てることができません。ですが、この場合ホクロがあるとそのパーツすべてが脱毛出来ないのかというとそうではありません。
ホクロは決して大きな面積ではありませんので、ほくろを白いシールのようなもので保護してその上から施術をすることができます。ですが、シールで隠れてしまった部分に関しては脱毛効果が得られません。この部分だけは知っておく必要があります。

3.Vラインの黒ずみも注意が必要
Vラインの黒ずみも注意が必要です。Vラインの黒ずみも実は脱毛が出来ない可能性があるのです。なぜ黒ずみが強い部分で脱毛が出来ないかというとそれはメラニン色素による色であるためです。
先ほど軽く脱毛の仕組みを説明しましたが、もう少し詳しく説明すると色が濃い部分というのは何の色かというとメラニンです。他の色素にも反応してしまうことはあるのですが、そもそも脱毛機は毛に光を吸収させたい施術であるため、メラニンに最もよく吸収される光を使用しているのです。
そのため、Vラインの黒ずみもメラニンが原因であるためどうしても脱毛出来ない可能性があるのです。
また、これはVラインだけではありません。両ワキなども摩擦が多いため黒ずみができやすいパーツです。そのため、両ワキも注意が必要なパーツといえるでしょう。

この記事に関連するコラム

どれ位通えば効果を実感できる?

  • 登録日:2015-06-11 12:00:00

脱毛サロンのエピレで使用している脱毛機はエピレをプロデュースしているエステティックサロンのTBCが長年の経験で培ったデータを利用してオリジナルで開発されている脱毛マシンを使用しています。 そのためお肌...続きを読む


二人以上で来店するとSパーツ1回の割引が無料

  • 登録日:2014-03-13 12:00:00

人気の脱毛サロンエピレではお友達、親子など二人以上で来店するとお得なサービスが受けられるのをご存知でしょうか? エピレでは親子やお友達二人以上で来店するとおひとり様1回限りですが、Sパーツが一回無料で...続きを読む



エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報