エピレ(epiler)

未成年の方が脱毛をするために必要なものは?


脱毛サロンのエピレでは未成年の方の脱毛も行っています。エピレの脱毛というのはなんと7歳から脱藻の施術が受けられるのをご存知でしょうか?
そのため、ムダ毛を気にする若い女性や体毛が生え始めて悩んでいるお子さんにも人気のサロンとなっています。
いくら若い女性に人気と言っても一般社会人の方と同じような手続で脱毛が出来るわけではありません。なぜ一般社会人の方と同じ手続きではだめなのでしょうか?
また、どのような手続をしたら脱毛の施術が受けられるのかなどをまとめてみたいと思いますので、これから脱毛を考えている方はぜひ参考にしてください。

1.エピレの脱毛は一人で契約できない?
未成年の方や学生の方はおひとりで契約することはできません。なぜなら未成年の方や学生の方というのは法律上知識や経験が足りないため、消費契約に責任を問えないというものがあるのです。そのため、サロンやクリニック側が契約するときには親権者の方の許諾がなければ契約をすることが出来ないのです。
その許諾を証明しなければならないのですが、そのために使われているのが親権者の同意書です。同意書があることで親権者の方が施術の契約に同意していることの証明となるのです。
これがなければ契約をすることができませんので、必ず準備するようにしましょう

2.同意書はどうやって作成するの?
同意書というのはサロンやクリニックなどがフォーマットを用意していることがあります。ほとんどのサロンやクリニックで使用している同意書は非常にシンプルで氏名、住所、連絡先、捺印程度のものであることがほとんどです。
このフォーマットはどこで入手するかというと無料カウンセリングの中でももらえますし、WEBページからもダウンロードすることが可能です。
WEBページではTOPページにリンクがありますので、探してみてください。

3.同意書はいつ出すの?
無料カウンセリングだけであれば必要ありません。契約までに準備をしておきましょう。
また、この同意書ですが、先ほども書いた通り非常にシンプルな内容であることがほとんどです。だからと言ってその作成を親権者以外の方にお願いしたり、自分で作成してしまったりなどということは絶対にやめてください。
この文書はシンプルではありますが、契約に必要な書類で親権者以外が親権者に成りすましてかくことは法律に抵触してしまう可能性があります。冗談では済まないレベルの騒ぎになることがありますので、絶対にやめましょう。
また、この同意書を出すタイミングはあくまでも契約時です。このことを利用すると良いこともあります。
それは勧誘行為や営為行為の恐怖がなくなるのです。無料カウンセリングを受けてもその時に契約書を作成することはできませんので、勧誘行為や営業行為があっても安心なのです。
もし、同意書なしに無理矢理契約書を欠かされるようなことがあれば、消費者センターなどに駆け込むこともできます。
同意書というのはご自分の身を守るものでもありますので、親権者の方にご理解いただいた上で作成をしてもらうようにしましょう。

4.未成年や学生と一般社会人の方では施術に違いはあるの?
フラッシュ脱毛というのはお肌の上まで伸びてきている毛にしか効き目のない施術です。そのため、既に伸びている毛を対象に考えた時は施術効果に差はありません。
ですが、未成年の方や学生の方など年齢の若い方は1点だけ注意があります。体が成長することでこれから生えてくる毛に対しての効果です。
もしエピレの脱毛を受けて、納得いく状態になり、脱毛が完了したとしてもそのあとに成長による発毛がある可能性があります。この点だけは注意をしておかなければなりません。
フェラッシュ脱毛というのは発毛予防にはならないのです。

この記事に関連するコラム

未成年の方も安心して脱毛ができます!

  • 登録日:2016-05-16 12:00:00

 エピレは完全予約制になっていますので、長時間待つことなく施術を受けることができるようになっていますし、インターネットからでもできます。 未成年の方も安心して脱毛ができます! ★ エピレは今...続きを読む


未成年者や学生はエピレで契約する際の攻略法

  • 登録日:2016-04-04 12:00:00

 痛くない脱毛を行うことで評判のエステサロンのエピレでは、他のエステサロンを利用した人でもこちらのエステサロンの満足度はとても高いです。また、知り合いに紹介したいエステサロンの評判もあります。このエ...続きを読む



エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報