エピレ(epiler)

夏風邪の時は無理をせず予約変更を


脱毛サロンのエピレではエステサロンのTBCが培った知識を生かしたオリジナルの脱毛マシンで脱毛をしているため日本人のお肌に合った安全な施術を行っています。
ですが、トラブルがゼロであるというわけではありません。その理由はいくつもありますが、中でも脱毛後の生活で細菌感染が起こり、赤みや腫れなどのトラブルになってしまうという例もあります。
そのようなトラブルは一般的に注意事項を守らなかったりした場合になりやすいのですが、体調によってもトラブルが起きやすくなってしまったりもします。
実は単純に風邪をひいているだけでも脱毛に影響を与えてしまうのです。
すでに今年の夏は暑くなってきていて、クーラーを効かせすぎてしまって夏風邪をひいてしまったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その夏風邪が脱毛に及ぼす影響についてまとめてみたいと思います。

1.抵抗力が弱まっている
そもそも風邪というのは病名ではありません。簡単に言ってしまえば様々な病気の総称なのです。ですが、どれも同じくいえるのは細菌が体の中の様々な部分に感染してしまったことによって起きる体調不良であるということです。
その細菌を体から追い出すために白血球などが活躍するわけですが、白血球が活発に分泌されればされるほど体調は良くないといえます。しかも、白血球の数も無限に増えるわけではありません。どこかで頭打ちがあります。
つまり人間の体というのはある程度決まった量の細菌にしか抵抗できないということです。
脱毛の施術後というのはお肌がとてもデリケートな状態になっています。それはなぜかというとフラッシュ脱毛の施術がお肌に大きなダメージを与えてしまう施術であるためです。
フラッシュ脱毛というのは一見光で脱毛をしているように見えるかもしれません。名前もフラッシュ脱毛という、見るからに光で脱毛をするようなイメージを与えるものです。
ですが、実はフラッシュ脱毛は熱で脱毛をしていくものなのです。そのため脱毛後のお肌というのは軽いやけどが出来てしまうものなのです。そのためその部分でも感染が起きやすくなってしまうのです。
風邪をひいていると既に細菌を追い出すために白血球が増えてしまっている状態になります。そのため通常時よりもお肌の抵抗力も下がってしまっている状況になってしまうため、風邪をひいていると細菌感染が起こりやすくなってしまう可能性があるといえるのです。

2.熱があるだけでもトラブルになりやすい
先ほども書きましたが、フラッシュ脱毛は毛を熱処理するものです。つまり毛穴周辺にはやけどが出来てしまうのですが、そのやけどがひどくならないように脱毛の際にはお肌を冷やしながら脱毛をします。
そうすることで脱毛後にやけどが小さい被害で済むのです。
ですが、脱毛の際に熱があるとどうでしょう?いくら表面を冷やしても熱が体にこもっているためその冷却効果を邪魔してしまうことがあり、やけどがひどくなってしまうことがあるのです。

3.風邪薬を飲むのも脱毛に悪影響を与える
夏風邪にも薬を飲んで対応するという方は多いのではないでしょうか?夏風邪は厄介なことが多く、病院に行くことをおすすめしたいのですが、実際にはそこまでの時間が取れなかったり、引きはじめということで市販薬で症状を抑えてしまう方も多いでしょう。
ですが、その風邪薬が実は脱毛にも影響してしまう可能性があるのです。
お肌の赤みや腫れの原因は細菌感染ですが、その細菌を運んでしまうルートの一つが汗なのです。汗は油分を含んでおり、その油分が最近を吸着しやすい性質を思っているのです。
そのため汗が流れると細菌を吸着したままお肌を流れてしまい、普段であれば問題ないのですが、脱毛後のお肌ですとデリケートになっており、そこで感染が起きてしまうのです。
風邪薬を飲むと代謝が上がり汗をかきやすくなってしまうのです。脱毛後は汗をかかないに越したことはありません。ですが、薬を飲むことで汗をかきやすくなってしまうためあまりお勧めできません。

4.風邪をひいているときの脱毛は?
まず無理をしないというのが最も大事なことです。エピレでは予約変更はインターネットで簡単に行うことができます。
風邪をひいているときは無理をせず治ってから行く方がよいでしょう。

エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報