エピレ(epiler)

通うスケジュールを組むときに


脱毛の施術は非常に長い期間をかけて行っていくものです。出はいったいどれくらいかかるのかというと平均的には6回の施術で2年程度といわれています。
これから脱毛をするという方は「そんなにかかるの?」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですが、実際にはもっとかかってしまう方もいらっしゃるのです。なぜそのような時間がかかってしまうのかというとそれは毛周期という毛の周期に合わせて脱毛を行っていくためです。
毛周期というのは個人差もありますし、厳密に言えばパーツごとに毛周期は違っているのです。最も効率の良い周期ですと平均的に2カ月から3カ月程度といわれています。
その周期でサロンや医療レーザー脱毛を行っているクリニックが販売している6回という回数を脱毛していくと、1年半程度となってくるのです。
さらにここで問題なのは毛周期に合わせて行うことを重視すると脱毛に通うタイミングが限られてきてしまうため、一旦タイミングを外してしまうと最悪3カ月後に脱毛というような形にもなりかねません。
そうなってしまうとどんどんと時間がかかってしまうのです。そのため脱毛をするにはしっかりとした計画を立てていく必要があります。

そこで計画を立てるのに考えておいた方が良いものをピックアップしてみたいと思います。

1.期限がないのか
脱毛の施術には期限があることがあります。脱毛の起源は一般的に3回で2年といったところでしょうか?
この期限が終わってしまうといくらまだどれだけ毛が残っていたとしても残りの回数はむだになってしまうのです。
脱毛サロンのエピレではどうかというと有効期限がありません。
そのため、じっくりと規定回数の脱毛をこなしていくことができます。
もし、期限があるときにはどのタイミングから起算しての期限なのかという点もしっかりと確認しておくべき点です。

2.旅行の計画はないですか?
旅行に行くと色々なことがあります。その中には脱毛によくないことも非常に多くあります。たとえば、夏の時期には海やプールに行くこともあるでしょう。
海やプールというのは色々な意味で脱毛に良くないことが多いのです。
まず最も良くないのが紫外線です。紫外線は色々な意味で脱毛に害を与えてしまいます。紫外線はお肌の表面に当たると日焼けの原因になります。
日焼けをしてしまうと次の脱毛が受けられません。というのも日焼けの色が落ちるまで一般的に2か月はかかるといわれています。この状態では脱毛が出来ないのですが、さらに面倒なことに色が落ちてもそこからさらに2カ月程度は脱毛が出来ないのです。
これは色が落ちてからもしばらくはメラニン色素が活発に活動してしまっているためです。

次によくないのが海やプールに入ることです。これは脱毛から1週間程度たてば問題ありませんが、それよりも短い期間内ですと非常に危険であるといえます。
なぜなら脱毛後のお肌は軽いやけどがあるためにどうしてもデリケートになっています。その状態で細菌がたくさんいる海やプールに入ることは非常に危険です。
プールは消毒されているから大丈夫ではないかという方もいらっしゃいますが、そうでもありません。全ての金が死んでいるということはないのです。

3.生理周期
生理が来ているときには脱毛の施術が受けられないことがあります。特にVIO脱毛は確実に脱毛することができません。
その他の場所でも生理中はホルモンバランスが崩れており、ホルモンバランスの崩れは体毛に直接影響してしまうのです。ホルモンバランスが崩れた状態での施術は脱毛効果が出ないばかりか、逆に毛が増えてしまったりすることもあるのです。
そのため生理の時には脱毛が出来ません。スケジュールを組む際には生理周期を計算しておくことが大事なのです。

この記事に関連するコラム

エピレの脱毛の流れとスケジュール

  • 登録日:2014-01-21 12:00:00

安い料金でTBCの経験を生かしたの脱毛が受けられるという事で口コミでも大人気のエピレですが、どれくらいでつるつるのお肌が手に入るのか気になりますよね。脱毛完了までの流れをまとめさせていただきます。まず...続きを読む



エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報