エピレ(epiler)

通っている期間中に妊娠したら


なにか継続的なサービスを受けていてその途中でどうしようもない理由でそのサービスを受けるのが困難な状況になってしまうということはありますよね?
脱毛の施術でもそのようなことは当然考えられます。脱毛の施術というのは毛周期に合わせて3カ月に一度ずつを目安に通う必要があり、一旦脱毛が完了するのはなんと1年半から2年程度もかかってしまう長期的なものなのです。
そのためその途中には様々な出来事があり、契約段階ではそのようなことまで想定できないということもあるでしょう。
お仕事をされている方なら転勤なども考えられますよね?ですが、転勤程度であれば転勤先の土地にもきっとエピレが営業していることでしょう。
ですが、女性独特の理由として挙げられるものに妊娠・出産があります。
妊娠してしまったら脱毛はどうなるのか。また、出産後は?そんな疑問をまとめていきたいと思います。

1.妊娠してしまったら?
女性にとってとても喜ばしいことである妊娠。新しい命が生まれるのは祝福されることですね。
確かにお子さんができるのはうれしいのですが、脱毛の施術はどうなるのだろう?という疑問を持つ方も多いのではないかと思います。
実は妊娠がわかった場合には脱毛の施術は一旦中止になります。
では、その時点で解約をしなければならないのかというと実はそうではありません。脱毛サロンやクリニックではこのような場合には「休止」という制度が適用されます。
脱毛の施術の休止をすることで、出産後再開することができるのです。当然休止期間は契約の有効期限も延長されていきます。
そのため、安心して出産をしてその後復帰することができます。

2.休止期間の手続きは?
妊娠がわかったらエピレの店舗に相談してください。休止の手続きが可能です。

3.赤ちゃんへの影響は?
脱毛の施術を休止した方がまず一番気にされるのがお腹の中の赤ちゃんへの影響です。妊娠してしばらくはご自分でも自覚症状がないため脱毛に通ってしまっていたという方がほとんどです。
妊娠してから施術を受けてしまったため赤ちゃんに何か影響がないかとても心配になりますよね?ですが、この部分については安心してください。全く影響はありません。
というのも二つの理由から背詰めができます。まず一つは光の種類です。脱毛の施術で使用されている光というのはX線や紫外線のような有害な光ではありません。
そのためそもそも体に無害であるということです。
もう一つは光が作用する深さの問題です。脱毛の光が届くのはお肌から3ミリ程度の毛根部分の深さ位までです。妊娠初期段階ではまだお腹も大きくなっていませんので、胎児まで光が浸透するようなことはありません。
以上2点から赤ちゃんへの影響はないといえます。

4.なぜ脱毛出来ないのか
脱毛が出来ない理由は赤ちゃんへの影響ではなく、実はホルモンバランスの問題なのです。ホルモンバランスというのは体毛に大きな影響を与えるものであることはよくご存知かと思います。
そのホルモンバランスが崩れているときに脱毛をしてしまうと脱毛の施術が逆効果になってしまい、毛が濃くなったり太くなったりしてしまうことがあるのです。
そのため脱毛の施術がむだになってしまうため脱毛を休止することになるのです。

5.いつごろから再開できるのか
これはサロンによっても異なってくるのですが、脱毛サロンのエピレでは「脱毛コースの再開は、出産後3ヶ月以降に可能となります。」との記載が公式ページにされています。
ただし、3カ月時点でまだ授乳中である場合にはワキ、胸、乳輪周りには施術ができません。
実はこれもホルモンバランスの問題です。授乳中に胸への施術はホルモンバランスをさらに崩してしまい、母乳が急に止まってしまうなどという事態にもなりかねないためなのです。

この記事に関連するコラム

施術を断られるケースとは?

  • 登録日:2015-11-19 12:00:00

脱毛サロンのエピレではお肌にやさしい脱毛が人気の秘密になっているのですが、そのお肌にやさしい施術でも脱毛が出来ないことがあるのをご存知でしょうか? それはエピレだから出来ないというわけではなく、フラッ...続きを読む


妊娠中は予約ができません

  • 登録日:2014-02-13 12:00:00

妊娠すると体内のホルモンバランスは妊娠前とは変わってきます。ホルモンバランスが変わることによって体質も変わってきます。その為に、毛の質や量が変わってきて毛深くなったりすることもあります。せっかく施術し...続きを読む



エピレ(epiler)の無料カウンセリングはこちらから エピレ(epiler)の公式サイトへ エピレ(epiler)の口コミ・おすすめ情報